全ての人に一律10万円給付する「(仮称)特別定額給付金」は、生活保護受給者の収入認定の対象には「しない」方針を、厚労省が示しました。

つまり、10万円を受給しても、現在受給している生活保護費は、変わらないという事です。

21日に厚労省から、公明党政調会に報告があったものであり、同日付けで、厚労省から各自治体に通知を出したようです。

メニュー