枚方市で昨年度(平成29年度)から始めた「結婚新生活支援補助制度」。

結婚するにあたり、枚方市で新生活を始めるカップルに対し、引越し費用や家賃補助として、

最大30万円(1回のみ)を助成するというのが、昨年度の取組みでした。

これは、私が議会で提案して、実現した制度であり、担当課に確認したところ、昨年度104組のカップルがこの制度を利用されたとの事です。

当初、100組の利用を目途に予算を組んでいましたので、目標は達成できたことになります。

 

今年度(平成30年度)はさらに、補助金額の上限を10万円アップの最大40万円に、また、これまで申請の要件が年間所得340万円未満であったものを、400万円未満へと大きく緩和することとなりました!

この年間所得の要件緩和についても、私が。12月定例月議会で要望していた事が実現したカタチとなりました!

 

一点、残念なのは、昨年度までは無かった、年齢要件「夫婦ともに34歳以下」が入ったことです。

昨年度実績でも、35歳以上の方の利用が一定数あったことからしても、私としては「この年齢要件導入はいかがなものか?」と予算特別委員会審議の中で議論していました。

ただ、枚方市は特に34歳以下の世代の転出が他自治体に比べても多い傾向があり、この世代に手厚くするという市の主張も、うなずけるところもあります。

また、この制度の財源となる、国の補助金の要件自体が34歳以下となっていることも、大きな要因となっています。

ということで、今年度は34歳以下となりますが、今後、事業効果について総合的に分析し、効果的な支援内容となるよう、検討していくということになりました。

限られた財源の中で、最大の効果を出すことが重要ですので、この事業に注目していきたいと思います!

 

 

 

 

 

メニュー