少子化の進行という全国的な傾向は、枚方市も同じです。

 

なので、結婚生活をスタートされる方々に、「枚方市」に住んでもらい、「枚方市」で子育てをしてもらいたいわけで、それを促すためにも「新婚家庭に対する支援」に取り組むべき!と、議会質問で何度も取り上げ、その必要性を訴え続けてきました。

 

先の12月定例月議会の一般質問では、市が使うことのできる国の補助金も示したうえで、早期の事業実施を促してきましたが、このほど(ようやく)実現へと動き始めました。

 

2月の厚生委員協議会において、「結婚新生活に対する支援」として、結婚に伴う新居の賃貸・購入費用や引越し費用について、世帯最大30万円の補助するという事業が示されました。

 

申請要件

①結婚を機に市内の住居に新しく住居すること(市内での転居含む)

②世帯所得340万円未満であること

 

補助対象経費

  • 新規の住宅取得費用
  • 新規の住宅賃借費用(賃料、敷金、礼金、共益費等)
  • 婚姻に伴う引越し費用

 

補助上限額

1世帯につき30万円

 

「結婚生活のスタートは枚方市!子育てするなら枚方市!」を促す事業となります。

 

(もちろんこれは、今週から始まる予算特別委員会での審議を経たうえで、28日の本会議での予算案の可決が必要となります。)

 

しっかり取り組んでまいります。

 

まずはご報告まで。

メニュー