昨日は、文教常任委員会として、午前中は「余裕教室を活用した学校施設の複合化」についての勉強会を、午後からは、小学校の余裕教室を老人福祉施設に活用されている、京都の向日市立第4向陽小学校へ視察に行ってきました。

枚方市でも少子化が進む中、余裕教室が増える傾向にあり、これを地域のニーズや課題解決のために、どのようにマッチングできるのか。

余裕教室の活用という視点は、重要である一方、将来の人口が必ずしも推計通りにはならない場合もあることから、慎重な議論が必要であるとも感じました。

 

メニュー