市議会は今日から、各常任委員協議会がスタート。

初日は私も所属する文教常任委員会の協議会でした。

枚方市では、教育長が新任され、教育委員会としても新しい体制でスタートしています。
今日の協議会では、教育長はじめ、教育委員の方全員から、枚方市の教育にかける思い・決意のほどを披露していただきました。

案件のひとつに「多子世帯及びひとり親世帯等の市立幼稚園保育料軽減について」がありました。

多子世帯の幼稚園保育料は現在、
第1子   満額
第2子   半額
第3子以降 無償
(ただし第1子とは小学校3年生まで)

となっています。

つまり、第1子が小学校4年生以上になれば、これまで半額であった第2子は、第1子扱いとなり保育料満額、
これまで無償であった第3子(以降)は、保育料半額となります。

これに対して、今回の変更点は、年収約360万円未満の世帯について、第1子の小学校3年生までという年齢制限を撤廃し、第2子半額、第3子以降無償の保育料は変わらない、ということになります。

これは、国の制度改正を受けたもので、枚方市でも条例を改正して対応することになったものです。

条例自体は6月定例月議会で議案提出され、可決されれば、今年4月までさかのぼって適用されることになります。

何かと負担が大きい多子世帯にとっては、助かりますね!

安心して子どもを育てることができる枚方市を目指し、しっかりと取り組んでいきます!

メニュー