今日は終日、市役所にて市民相談対応。
気温も今のところ、涼しい~感じです。

 

さて、午前中には、厚生委員協議会が開催されました。
「東部清掃工場の焼却施設ボイラー水管の一部交換工事について」という緊急の案件についての協議会です。
枚方の尊延寺にある東部清掃工場の焼却施設ボイラー水管の厚みが、定期補修の計測時で予想された以上のスピードで磨耗が進行しており、このまま推移すると、今年12月の法定定期検査(国の審査)に不合格となり、焼却炉の停止に繋がると想定される。
なので、緊急的に水管の一部交換工事を実施したい。
ついては、その事業費に約2億8千万円かかります。

簡単に言うとそんな内容でした。

 
各委員からは、

なぜ想定以上の磨耗が進んだのか?
水管を交換するのであれば、もっと耐久性のある材質の水管に交換すればどうか?
検査のありかたは適切だったのか?

などの質問がありました。

 

 
国の法定定期検査にに不合格となり焼却炉が停止すれば、市民生活に大きな影響を与えてしまいます。
そんなことはあってはなりませんが、一方で約2億8千万円という負担は、大きいものがあります。
今日の協議会はあくまで市からの報告・説明であり、それだけのコストをかけて水管の交換を行うかの最終的な判断を下したわけではありません。

 

近いうちに、議会として判断をしなければなりません。

メニュー