枚方市議会は本日、一般質問2日目が終了。

我が会派からは、初日に藤田議員、2日目の本日は山口議員が質問を行いました。

本日の山口議員の質問の中で、自転車安全運転マナーアップのための講習で「スケアードストレート」を導入してはどうか、との提案がありました。

「スケアードストレート」とは、自転車事故などの事故現場をスタントマンが再現することで、事故の怖さを実感し、交通ルールを遵守することの大切さを体感することができる教育方法のことです。

スタントマンなど専門家が行うということで当然それなりの費用がかかるという側面もありますが、たとえば、多くの人が集まる祭りや、◎◎フェスティバルなどで行えば、インパクトもあり効果的ではないか、との提案です。

私もテレビなどで、こうした安全講習を行っているのを見たことはありましたが、「スケアードストレート」という言葉までは知りませんでした。

テレビで見てもおおっ!と思ったので、実際に見てのインパクトはかなり大きいはずで、事故の怖さを体感するという意味ではきっと効果がある!と思います。

最近でも東京で、車が児童の列に突っ込み、死亡事になるという報道があったところであり、まずは、自分自身、交通ルール遵守!!をあらためて肝に銘じていかなければと思っています。

メニュー