今年6月の第2回定例会の私の一般質問で、ゾーン30規制について質疑を行いました。

 

ゾーン30とは?
警察庁が進めている対策。
車に対する速度規制を道路単体の線ではなく、生活道路を含む区域まるごと
時速30kmに規制するものです。
*なぜ時速30kmか?
車と歩行者が衝突した場合、車の速度が30キロを超えると、歩行者の致死率が
急激に上昇するため、生活道路を走行する車の速度を30キロ以下に抑制する。*

 

 

生活道路を走る車が、すごいスピードで通り危険なのでなんとかしてほしい、との相談をいくつかの地域の方から聞いていたため、警察がすすめているこのゾーン30規制を導入することで、速度抑制ができるのではないか、との質問をしました。

この一般質問当時は、枚方市内でこのゾーン30規制の導入はありませんでしたが、他市においては、車の平均速度が抑制されるなど、成果が出ているようなので、ぜひ我が枚方市でも導入できるよう、警察はじめ関係機関に対する働きかけをしてもらいたいと提案をしていました。

 
そして先日、ついに枚方市で第1号のゾーン30規制が実現しました!!

その地域ではまずは通行車両の速度規制が開始され、順次、グリーンライン等必要な路面標示などが設置されていく予定とのことです。
生活道路における歩行者通行の安全確保のためにも、さらに取り組んでいきたいと思います!!!

メニュー