京都府福知山市や岐阜県高山市など各地で甚大な大雨被害が広がりました。
被災された方々に対し、心よりお見舞いを申し上げます。



本日は建設常任委員会の所管事務調査の一環として、
枚方市のポンプ場3箇所の視察に行ってまいりました。

現在、枚方市には9箇所にポンプ場を設置していますが、
新しいところ(犬田川ポンプ場)で昭和60年開設であり、古いところ(安居川・新安居川ポンプ場)では昭和38年開設と、かなりの年月が経過しています。

現在、枚方市では時間雨量54ミリの大雨に対応できるための整備を粛々と進めており、その整備に応じて、いずれ、ポンプ場の排水能力の向上をしなければなりません。

こうした施設整備には、大きな予算も時間も確保しなければならず、現在の枚方市にとって、大きな課題のひとつであると思います。



しかし、今回、福知山市や高山市を襲った大雨は、枚方市で起こったとしても何の不思議もないはずです。


今回の所管事務調査を通して、少しでも枚方市全体の浸水対策、そして下水道(雨水)の整備が前進できるよう、しっかりと議論していきます!!

↓北部ポンプ場

ポンプ1



















↓黒田川ポンプ場内
ポンプ2



















↓蹉跎ポンプ場
ポンプ3


 

メニュー