4月9日の市ホームページに、市立中学校の昼食弁当の校内販売に関する情報が
掲載されました。

コレ↓
http://www.city.hirakata.osaka.jp/site/kyoiku/kyushi-chugaku-bento.html

このニュースを受け、私の方にも、中学校給食ができなくなったんですか?等の問い合わせがいくつかありました。

結論から言うと、枚方市の中学校給食と、今回トラブルのあった昼食弁当の校内販売とは、全くの別物です。

まず、枚方市の市立中学校の給食は平成28年度から開始する予定となっています。
選択制の給食となる予定であり、今後2年間をかけて共同調理場を建設するなどの準備を進めていくことになります。

ただ、給食開始が2年も先となることで、現在の中学生の中には間に合わない学年もあるので、それまでに何かできることをと検討して行ったのが、今回問題となった、昼食弁当の校内販売です。

こちらは簡単に言うと、全市立中学で、希望者に対し民間事業者による弁当を販売するというものです。
(朝に生徒さんから受注した数の弁当を昼食時間までに各中学校へ配送をする)

しかし、開始日である4月9日、昼食時間になっても、注文した弁当が学校に届かない、ということが起こりました。

幸い、始業式の日であったため、弁当の受注数は少なかったようですが、だから「いい」というわけにはいきません。

当日注文していた生徒さんには、大変な迷惑をおかけしてしまったわけです。

民間事業者の配送が遅れたとはいえ、事業の責任は市にあるので、しっかりと原因調査し、ちゃんとした体制で再開できるようにと、我が会派としても、強く強く申し入れております。

ということで、あくまでも枚方市の中学校給食は平成28年度から開始であり、今回のこととは関係はないということと、現在は弁当販売再開のために、調査や民間事業者との調整をおこなっている段階であることを、お知りおきいただきたいと思います。

 

メニュー