先日の文教委員協議会では「中学校における昼食支援(案)について」との案件が出ました。

 
枚方市では中学校給食を平成28年度からスタートする、ということはご存知かと思います。

 
この中学校給食、保護者の方からも、ぜひやってほしい!!という声が大きかった事業であり、 我が会派も導入すべきとの立場で、議会における議論を重ねてきました。

 
途中、共同調理場を市が建設すべきなのか!とか 選択制給食ではなく、全員喫食が当たり前!とか 議会では様々な意見が渦巻いていたのですが、現在は選択制の共同調理場方式での導入へと 方向性は決まっています。
ただ、

 
その導入が平成28年度では遅い!という声も多くあり、そこまでに何らかの支援をするべき、と 我が会派として主張をしていました。
その結果、市が示してきたのが「中学校の昼食支援」です。

 
平成28年度の中学校給食開始までの間、市立中学校全19校において、民間事業者による 昼食(弁当)の校内販売を行う、というものです。
民間事業者が行うことになるので、公費負担はありません。
また、販売価格については、500円以内で調整中です。
予定としては来年4月からのスタートとなっています。

 
あくまで(案)の段階ではありますが、協議会案件で説明があったということは、 おおむね、この内容で進んでいくのではないかと思います。

 
中学校給食については、私も多くの保護者の方々から、早く実施してほしいとのご意見も頂いています。

 
生活現場の小さな声を、またひとつ形にできそうです!

メニュー