この10月1日から、枚方市立小中学校全64校の電力需給契約について、
経費の節減を図る意味で、特定規模電気事業者(PPS)から電力を調達することになりました。

 これまでのような大きな電力会社だけではなく、PPSも含めた入札を行い、経費節減に取り組むべきとの我が会派の主張が実現したものです。

この結果、平成25年10月1日から平成26年9月30日までの1年間で、契約期間中の経費節減効果は、約4,000万円となる見込みです!

これからも、会派としてどんどん提案していきたいと思います。

↓で、まったく関係なく、先日の決算特別委員会での質問時の模様です。

 委員会も残すところあと2日、頑張ります。

メニュー