妊婦への臨時特別給付(10万円給付)が決まりました

枚方市において、妊婦への臨時特別給付(10万円)が実現!

昨日、1月18日の枚方市臨時議会において、「妊婦への臨時特別給付」として10万円の支給が決まりました。


感染力の強いオミクロン株の流行により、受診や里帰りなどの予定を変更せざるを得ないなど出産環境も急変し、経済的、また精神的に不安を抱える妊婦の方々が安心して出産できる環境を整えるための経済的支援の一環として、妊婦の方お一人につき10万円を年度内に支給するものです。


支給対象者は令和4年1月1日時点で妊娠中、または本年1月から3月31日までに妊娠届出書等を提出された妊婦の方で、申請日時点で枚方市住民基本台帳に登録されている方です。

枚方市公明党議員団は、去る12月6日、市長に対して「コロナ対策に関する緊急要望」を行い、その中で、妊婦に対する給付金の実施を求めていました。
その要望通り、3月31日までに妊娠届出書等を提出された妊婦の方を対象として、10万円給付を実施することになりました。

オミクロン株の急拡大の中、本日の枚方市の新型コロナ新規感染者数は179名となっています。

今後も枚方市のコロナ対策がしっかりと進むよう、取り組んでまいります!

メニュー